子供を怒るのに疲れた…そんなママへおすすめの本

sad girl子育て

また今日も怒ってしまった・・・

私ってこんなに怒る人間だったのか、と自己嫌悪になることも多い、イヤイヤ期の子育て中。

普段は大丈夫でも、余裕がないとつい、怒鳴ってしまうことも多々・・・。

そういうママさんにぜひ、おすすめしたい本があります。

始めから最後まで、悩みを持つ青年と哲学者である先生「哲人」との対話(セリフ)形式で、ドラマを見ているような感覚で楽しめました。

「嫌われる勇気」はこんな方におすすめ

  • 子供を怒りたくないのに、つい怒鳴ってしまう方
  • 家庭環境、学歴、容姿、過去のトラウマなどによって、幸せでないと感じている方
  • 時間がないから夢を実現できないと考えている方
  • 学校でいじめがあり、悩んでいる方
  • 誉めない、叱らない教育を知りたい方

「嫌われる勇気」にみる子育てのヒント

子育ての専門の本ではありません。

でも、ちょっとした日々の不満を抱える方から、過去の大きなトラウマをもつ方まで、すべての方が「幸せ」になるための考え方のヒントが、具体的に語られています

「そうはいっても、なかなかできませんよ!だから苦しんでるんじゃないですか!」と声を荒げる青年が、最後にはその考え方に納得するまでのストーリー。

読者の「そうはいっても、現実にはなぁ・・・」という気持ちを代弁してくれる青年のおかげで、より分かりやすく言葉が入ってきます。

私が一番印象に残ったのは、こんなところ。(あくまで私の理解です)

  • 怒るという行為は、カッとなる状況がそうさせるのではなく、その都度出し入れ可能な感情で、自分が選択している
  • 「お手伝い偉いわね」という言葉は、子供に使っても夫には使わない。誉める行為には上下関係が元にある。 
  • 子供には、誉めることよりも「ありがとう」という感謝の言葉を。存在自体に感謝することもできる。
  • 全ての人は、同じでないけれど対等。大人と子供であっても。子供を未熟な存在とみるのではなく、対等な立場として、人間扱いする

「怒る」ことはしょうがない?自分の意志?

我が家では、子どもを叩いたり、手を出すことはしないのがルール。それを子供が他のお子さんにしたら、困るな、ということは親もしないことにしています。

とはいっても、叩かない代わりに、つい怒鳴ってしまうことが多かったのですが、よく怒る未熟ママの私は、この本からいろいろ気づきを得て、目からウロコな内容でした。

特に、「怒るのは自分の意志」と言われると、つい怒鳴りそうになったら「怒るより言葉で言おう!」と自分に言い聞かせるようになりました。

「もう怒鳴るぞ!」と自分に許す一瞬の判断ラインが、間違いなく、高くなりましたね。(まだ頑張れる、まだ怒鳴るとこまではいかないぞ、という感じ)

まあ、でも実際、日々言っても聞かないときはイライラしますけどね~。それでも、イライラしながらでも、「言葉」を尽くそう、と思えるようになりました。

(また、できる限り子供の要求を満たせるときは、戦わずに自分が折れることも増えました)

今この瞬間に幸せになる方法

この本の中で、「哲人」は「誰もが今日(この本の内容を知ったその瞬間)から幸福になれる」と言っています。

災害で辛い思いをした方、家庭環境で苦しんだ方に対しても、そう言い切っておられます。

過去の出来事に関係なく、今の自分の考え方を変えることで、幸せになることは可能なのですね。

その内容を実践するかは、個人にゆだねられますが、この本を読み終わると、どんな状況であっても、自分自身で「幸せ」になるヒントが得られると思います。  

無料で聴けるAmazonオーディブルがおすすめ

ちなみに、私は Amazonオーディブルで聞きました。

子育て中や仕事で忙しい方、読書するのって意外と難しいと思います。

でも、音で聴く読書は、かなり気軽にできます。家事しながらでも、歩きながらでも。

ちなみに、私はオーディブルで初めての一冊としてこの「嫌われる勇気」を聞きました。無料体験の最初の一冊としても、おすすめです。(解約しても、ずっと聴くこともできます)

この「嫌われる勇気」は、普通の速度で聴くと7時間ですが、1.5倍速だと4時間40分、2倍速だと3時間30分で聞き終わります。

早く聞きたい方なら、2倍速で3時間半で完読できてしまいます。

無料体験で1冊は無料でずっと聞ける

どなたでも、無料体験で1冊は無料で聴けます。無料体験を申込み、すぐに解約しても、その一冊はずっと聞けるようになっているのが嬉しいところ。

詳しくはこちらからどうぞ→ Amazonオーディブルを無料で体験してみる

ちなみに、この「嫌われる勇気」全体を読むことで理解が深まるものですが、以下の方に特に聞いてほしい部分があるところを載せてあります。

・怒ることはしょうがない、不可効力だと思ってしまう方(0時間31分あたり)

・時間がないから、夢を実現できないと考えている方(1時間6分あたり)

・学校でいじめがあり、悩んでいる方(4時間26分あたり)

・誉めない、叱らない教育を知りたい方(4時間31分あたり)

Amazonオーディブルを無料で体験してみる

無料でもめんどくさい?:Amazonオーディブル無料体験の口コミはこちら

タイトルとURLをコピーしました