ビューアルッテでSuicaにWAONポイントをチャージする方法を、画像で解説!

ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像1ライフスタイル
  • イオンカードでたまったWAONポイントを、Suicaにチャージして使いたい
  • ビューアルッテでSuicaにチャージする方法ってどうやるの?

こんな方におすすめの内容です。

私が初めて、ビューアルッテ(VIEW ALTTE)を使ったときには、かなり分かりにくくて、1回目は途中で挫折、2回目でやっとできました。

画像でくわしく説明しますので、はじめてでも、最後まで読んでもらえるとスムーズにSuicaにチャージできると思います。

イオンカードでためたWAONポイントをSuicaにチャージするには

ここでは、WAONポイントを例に、「提携ポイント」をSuicaにチャージする方法を解説します。

私の場合、イオンカードでためたWAONポイントをSuicaにチャージしましたので、その方法を例にご紹介します。

ビューアルッテで手続きする前に、いくつか段階があるので、ご注意ください。

ここでは、主に以下の「4.ポイント移行したSuicaポイントを、ビューアルッテでチャージ手続きをする。」の手順をご紹介しています。

  1. イオンSuicaカードをもっておくことが必要。
  2. イオンカードでためたWAONポイントの場合は、イオンSuicaカードとひもづけをしてSuicaにポイント変更できるようにする
  3. イオンカード・イオンSuicaカードでためたWAONポイントをSuicaにチャージする(事前にネットでポイント移行手続きをする)
  4. (上記2で)ポイント移行したSuicaポイントを、ビューアルッテでチャージ手続きをする

4.を完了して、初めてSuicaの電子マネーとして使えるようになります。

3.のままでは、Suicaの電子マネーとしては使えませんし、3.をやっていないと、4.の作業ができません。←私はここが分かりにくく、間違えました。

3.→4.の手続きには、3.の手続き後、翌翌日から、翌年度末までにビューアルッテで手続可能。期限後はSuicaチャージが失効しますので、注意。

例)2022年3月1日にWAONポイントをSuicaにチャージ →2022年3月3日~2023年3月31日までビューアルッテで手続き可能。(2023年4月1日以降はSuicaチャージ分がなくなってしまいます!)

例)2022年4月1日にWAONポイントをSuicaにチャージ →2022年4月3日~2024年3月31日までビューアルッテで手続き可能。(4月1日に手続きすると、約2年間弱、期限があります。)

ビューアルッテの設置場所

まず、JRの駅にあるビューアレッテ(VIEW ALTTE)を利用しますので、どこにあるのか?ですが、主な設置場所は、JRの駅となります。

いくつか見たところ、改札外のきっぷ売場の近くにあることが多いです。

新宿や池袋など大きな駅には、5ヵ所以上設置されていますし、新宿・池袋駅近くの「ビックカメラ」にも設置されています。

最新の設置場所は、以下の公式ページにてご確認ください。

ビューアルッテ設置場所(公式)

ビューアルッテでSuicaにポイントをチャージする手順

見た目はこんな感じです。

ビューアルッテのATM

これは2台並んでいますが、1台の場合もあります。

初期画面はこうなっています。

ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像1

今回はWAONポイントをSuicaにチャージしたいので、「Suicaチャージ」を選びます。

Suicaチャージを選ぶと、次の3つが表示されました。

  • クレジットチャージ
  • JRE POINTチャージ
  • 提携ポイントチャージ
ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像2

今回はWAONポイント(提携ポイント)をチャージするので、提携ポイントチャージを選びます。

一瞬、イオンSuicaカード(クレジットカード)にたまったWAONポイントだから、「クレジットチャージ」かな?と迷いますが、「提携ポイントチャージ」が正解です。

次に、カードを挿入する画面になります。

ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像3

ここで、イオンSuicaカードを表示の向きで入れます。

クレジットカードの暗証番号(数字4ケタ)を入力します。

ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像4

ここで、イオンSuicaカードについての注意事項が表示されます。

ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像5

確認できたら、確認ボタンをおします。

おおまかな内容は次のとおりです。

イオンSuicaカードのポイントをSuicaにチャージするための申込みが事前に必要

(イオンクレジットサービスのホームページにて申込みできる)

→つまり、WAONポイント→Suicaにチャージする(ポイントの移行)手続を事前にネットから申込みしてないとビューアレッテからは手続できない、ということ。(始めの手順3.のことです)

10000円を越えてチャージする場合は、操作終了後に改めて操作してください

→一回のチャージ金額は10000円が限度なので、例えば、13000円をチャージしたい場合は、10000円+3000円と、2回に分けて操作してね、ということ。

Suicaにチャージできる上限は20000円(既にある残額を含む)

引き換え可能となった日を含む年度の翌年度末(3月末)を過ぎると失効し、チャージできなくなるので、注意。

→ネットでWAONポイントからSuicaチャージにポイント交換して、翌翌日から、翌年度末までに、ビューアレッテなどでチャージ手続しないとSuicaチャージに交換されたポイントは失効するよ、ということ。

内容を確認したら、「確認」を押して進み、

次にいくらチャージするかを選択します。

ここで選べるのは、チャージ可能額以下の金額のうち、以下の金額です。

  • 1000円
  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円

今回の私の場合は、残額4020円以下の、1000円と3000円が選べるようになります。

ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像6

端数の20円はチャージできません。

4000円ぴったり チャージしたい場合は、

1.3000円をチャージした後で

(もう一度初めから操作して)

2.1000円をチャージする

と、2回に分けてビューアレッテで操作します。

*10000円を超える場合も同様です。

私は初めに、3000円をチャージしました。

ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像7

明細書を発行するか、発行しないか選んで終わりです。

ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像8

その後、また初めから操作して、(←これがちょっと面倒ですが)

1000円を追加でチャージしました。

ビューアルッテでWAONポイントをSuicaにチャージする手順画像9

(これで、合計4000円をチャージ完了です)

1000円単位で、金額によっては、2回以上操作しないといけないことが少し面倒ですね。

  • 2000円 → 1000円を2回
  • 4000円 → 1000円+3000円
  • 6000円 → 3000円を2回
  • 7000円 → 1000円を2回+5000円
  • 8000円 → 3000円+5000円
  • 9000円 → 1000円+3000円+5000円

面倒な場合は、以下のぴったりの金額を選ぶとよいと思います。

  • 1000円
  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円

以上で、ビューアレッテで、Suicaにチャージする方法が完了です。

まとめ

今回は、WAONポイントを例に、ビューアレッテで、Suicaに提携ポイントをチャージする方法をご紹介しました。

はじめは少し分かりにくいですが、一度やり方が分かれば、簡単にできます。

あとは、Suicaにチャージできる金額が1000円・3000円・5000円・10000円と区切りがあるほか、

  • 1000円からチャージ可能
  • 1000円未満の端数はチャージできない

ということも、事前に確認しておくといいですね。

家計節約のクレジットカード(年会費無料)
楽天カード

楽天ユーザーは最強かつ必須!楽天ペイと合わせて1.5%還元も。

エポスカード

お店で得する特典満載!海外旅行保険が自動でつくのも◎

イオンカード

イオンではポイント10倍の日も!WAONポイント1P~交換OKに。

ライフスタイル
\ シェアしてもらえるとうれしいです /
節約ぞうさん
タイトルとURLをコピーしました